気まぐれ猫魂。

あきらめたらあかんね

2013/12/03
皮膚炎・風邪・去勢・過形成・病院 18

前々回でしたか、冒頭でロックの実家の猫1にゃんとカリの実家の猫1にゃんに
心配なことがあり・・・と中途半端に書いたところ、ご心配いただきまして恐縮です、
ありがとうございます。
もう少し詳しい内容とその後の経過について簡単に書いておこうと思います。

まずは、ロックンの実家wadaさんちの美形三毛、こはるちゃん。

koharu_.jpg
「捕獲反対!病院だいっっ嫌い!」

足にできものができ、みるみるうちに大きくなったので、
かの鬼院長のところで診てもらったところ、悪性の線維肉腫でした。
断脚せずに腫瘍をきれいに切除してもらい、
そして病理の結果は、悪性だけれど腫瘍は残さずきれいに切除されていて、
遠隔転移の危険性も少ない状態、とのこと。
今は、何事もなかったかのように元気に過ごしてるそう。ほっと一安心。( ´▽`)


もう一方、管理人の長年の友人であるカリの実家の方の猫さん、
エキゾチックショートヘアのピオは、心臓病です。
一時は心臓がうまく血液を運ぶこともできず、血液が外にしみ出るような状態に。
危篤状態で、まさに生死をさまよっていました。
131203-pio_s.jpg
大変な状況なのに、なぜか笑いを誘うピオ(^艸^)

とある日の夜中の2時に、その日入院していた病院から、
可能ならば連れて帰らないかとの電話がありました。
それは、もう危ないから最期は自宅で看取ってあげて・・・という
心遣い?の連絡でもあり。
友人は、その連絡を受けてからすぐにタクシーでかけつけ、
家につれ帰ったのですが、明け方から断続的に痙攣を起こし始め・・・

が、それは息を引き取る間際の状況という様子でもなかったので(長く続いた)、
朝になるや、友人はあわてて再びピオを病院に連れていき、
獣医は新たな薬を試したり対応を変えてみたところ、一命をとりとめ、

131203-pio.jpg
たぬきではありませんよ。( ´▽`) 峠をこえた頃のピオ。

今では、普通に食事もし、歩けるようにもなり、不愉快なことがあると
棚の上のモノを手で払い落とすという悪癖まで復活するほどに回復。
ただ、不治の病なので完治はなく、週に2〜3回の通院は必須で、
また、ちょっとした不調のサインを見逃さないようにとのことで飼い主緊張の毎日。
でも、大変だけれど元気でいてくれている喜びにかえればなんぼのもんじゃと。( ´▽`)

そういえば、このピオは、以前、悪性のアポクリン腺種と診断され、
切除手術をしたのですが、その後、幸いにして再発もなく、
それはがんではなく「がんもどき」だったのでは?といわれるほどの
強運の持ち主でもあります。
今回も、獣医師は安楽死まで考えたほどの状況だったというから、
やっぱり強運、てか、生命力がハンパじゃないのかもしれません。

生命力といえば、友人宅のもう1匹の猫、

131203-taro.jpg

なにやら、気持悪くシナなどつくっておりますが( ̄∀ ̄||)、
こやつ、ケンカ太郎の異名をもつ、カリのお兄ちゃんであります。(笑)
エイズキャリアなんですよね。
まぁエイズは発症さえしなければフツーの子と一緒ですから無問題。
私が、隣に座ったところ、突然ごろんと横になり、あらぬ方をみつめつつ
ジーッとこのポーズのまんまおりましたわ。こつがやるとコワすぎる。( ̄艸 ̄;)
ともかく、元気でカリの分まで長生きしてほしい。

こはるちゃんもピオも、正直なところ一時は飼い主も獣医も
あきらめかけた部分もあったようですが、
やっぱり気持ち的には、そう簡単にあきらめちゃいかんね。
あきらめるのはいつでもできるから。

あきらめないといえば、

131203-imokin.jpg

チョロ金あらため、イモ金。(笑) <芋虫のような金四郎って意味で。

そうなんです、金四郎の人馴れも、イモムシ並みのノロノロ歩調ですが、
進んでいます。伸びかけモフモフ毛を触らせてくれるし。
あきらめませんよ、おうちで毛刈り。(^艸^)


131203-omenkin.jpg
「ビブのことも、あきらめへんで! 」

いやー、その点については、はよあきらめて欲しいんやけどなー。( ̄_ ̄;)




himeojigi.gif にゃんきんぐににゃにゃにゃにゃーん =^. .^=
  RB_b_150-60.jpg

Comments 18

There are no comments yet.

おむおむ

そうでしたか。。
でも本当に、あきらめないで良かった!
飼い主さんも獣医さんも。
心配だったぱんとらさんのお友達猫さん、みんにゃ助かって本当に良かった!!
これからも常に定期検診ですけど、愛猫さんのことを想ったら『なんぼのもんじゃ~い!(∞)』ですね(^_-)
ピオくんかわいいお顔をしていますね( ´艸`)
なんか、人間味が出ていてかわいい•••(笑)
気にくわないことがあると棚の上のものを手で落とすのですね(爆)
かっわいい~なあ~(>▽<)
芋虫金ちゃんのフォルムもかわいい!
なんかね、かりんとうのように見えるよ(笑)
毛並みはやわらかそうだなぁ~。
ロシアンブルーの毛並みみたい(*^^*)


2013/12/04 (Wed) 00:47

iomoca

コメントには書きませんでしたが・・
何があったのだろう?と気になっていました
でも2にゃんとも大変な時期を超えたようで
良かった!よかった!
そう諦めちゃだめですよね
気持ちが萎えることはいっぱいあるけど
やっぱり諦めない!が基本ですよね
うん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
私も諦めないように頑張るわ!って・・何を?だよね(笑)

イモ金・・・・(笑)
なんかそんなトリオがいたな~~~
あ!二十歳だから良くしらないけど( ´艸`)
ビブちゃんのことは諦めるんだよ~~(爆)

2013/12/04 (Wed) 05:27

やらいちょう

頑張っているんですね。
なんだか猫さんに教えられているようで。
絶対にあきらめてはいけない。
別に猫さんはそんなことを考えてはいないでしょうけど。
人間って変に賢いから
つまらないことばかり考えてしまいますね。
それを賢いと言っていいのかww

2013/12/04 (Wed) 07:54

wada

最初にどこかで見たような猫が・・(^_^;)
こはるをUPしてくれてありがとう!!
おかげさまで、とても元気で食欲もバッチリです。
体重も力もある「こいも」だったら、
未だに病院に連れて行けず、
あきらめていたかも知れませんが・・・
こはるの腫瘍はあっという間に7cm(病院で測ったら)
ビックリでした。
何よりも助かったのが、連れて行った日に手術をしてくれたことです。
こはるは生後3ヶ月からうちにいるのに、人間嫌い、捕まえられない。
今日連れて帰ったら、またいつ捕獲できるかわからないしって、
怒られるの覚悟で鬼院長にお願いしましたよ。
たくさん手術の予約も入っていて、
スタッフにも無理だと言われていたのですが、
「もう!!俺を殺す気?もういいよ!置いて行って。。」v(=^0^=)v
ここの病院は院長も変り者で、スタッフも特別愛想がいいわけじゃないけど、
スタッフ達は頼もしいですね。
スタッフ達が新人獣医を育ててフォロしてるって感じがする。

ピオくん
大変だったのね・・・
でも年齢を考えたら、他の病気もなく
とっても元気ですよね。
病院で一度会ったことのあるピオくん。
あの時も「がんもどき」で深刻な病気だったけれど、
ピオくんの顔を見ると、つい笑みがこぼれてしまいましたよ(*´∀`*)
ピオくん、頑張れ~




2013/12/04 (Wed) 09:51

ぱんとら

コメントありがとう^^

おむおむさん
ピオは、子猫のときはもうめちゃくちゃかわいい猫で、まさかタヌキになるとはねぇ〜・・(爆)
イモ金、かりんとう説・・・ 確かに、見えるわ〜かりんとうに。( ´▽`)
ロシアンブルーって触ったことないんだけど、やっぱり見た目通り柔らかい毛なんですね。(^艸^)
そうそう、ストーカーもどきやめれ〜 (笑)

おむおむ

何度もすみません。

あ!ぱんとらさん、ロシアンブルー、私もさわったことなくて(^^ゞ、すみません!
色味がロシアンブルーっぽいなぁ~と思いまして( ´艸`)
すみません、私の変な文章でしたね(>_<)
金ちゃんの毛並みのさわり心地、やはりやわらかですか?(*´д`*)

2013/12/05 (Thu) 12:52

とろろ姉さん


こはるちゃんも、ピオくんも………凄いっっ!!
ほんま諦めちゃアカン!ってことを身をもって教えてくれます。
こはるちゃんやピオくんを見て、みんな勇気を持ってこれからも歩んでいけますね!
ありがとう、そして、これからも元気でなぁ〜〜!!!(^o^)

カリョちゃんのお兄ちゃん、ケンカ太郎とは思えない(^^;)可愛さですやんっ。
エイズキャリアだけど、元気に人生を全うする猫ちゃんたくさん居ますもんね!!
ケンカ太郎くん(あら?本名何??^^:) 、ほんま、長生きしてね〜♪


金ちゃんのシルエット、おもろ、いや、ほほえましすぎる…………
うん、ぱんとらさんも、あきらめないでっ!!(@ちょくちょく出てくる真矢みき。)

金ちゃん、ビブちゃんのことはそろそろあきらめて……………(ToT)


2013/12/05 (Thu) 20:44

まかない

わー、いろいろあったんですね。
それは精神的にも大変でしたね。

まずはこはるちゃん、きちんと処置してもらって治ってよかったですね。
ビオちゃん、すごい話ですね。
ほんと飼い主は一番最後まであきらめてはだめですよね。
ほんとよかったです。
カリちゃんのお兄ちゃん、かわいいお顔ですね。
でもケンカ太郎なんだ(笑)。
あらぬ方を見てたのは、カリちゃんがいたから??
みんにゃがんばって健康で長生きしてくれるといいですよね。

金ちゃん、なんか1枚目の写真、なんかなんかおもろいわ。
猫って毛がないとなまなましいのですね(笑)。

2013/12/06 (Fri) 04:00

Kotora

そうだったんですか~。
すごい生命力だなあ…。
ともかくよかったですね!
そうそう、あきらめちゃだめ!ですね。ほんとに。
がんじゃなくてがんもどき、に笑いました。
金四郎君…ビブちゃんのことがそんなに…。(笑

2013/12/06 (Fri) 06:54

足袋ネコ

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/

ぱんとらさん こんにちは。
諦めちゃいかん、うん、諦めちゃいかん。
でも,苦しんでいる愛おしい子をずっと見守られるパワーが必要ですよね。
負の連鎖が激しいから 自分さえも支えきれなくなって精神的に参ってしまいます。
やっぱ、一人で耐えるのはムリ。
こんな記事で一筋も二筋も光が見えたら ものすごくパワーが出そう。
飼い主さん達の諦めない気持ちも病気を克服する力になったんじゃなかろか 
って思います。
ノリ助が太り気味でも元気でいてくれる事が本当にありがたい!

そして金ちゃん、か〜わいいねぇ♪
どんなスタイルでも 可愛いに変わりはないなぁ〜
こはるちゃんの表情には 「不死身」という文字あり。

2013/12/06 (Fri) 15:12

ANKO

そう、本猫が頑張ってるんだから人間もあきらめたらあかんです。
私もコナンからそう教えてもらいました。
猫達はいつも私たちにたくさんの事を教えてくれるよね。
そんな猫達にエールと感謝を。

2013/12/07 (Sat) 18:49

うき

こんばんは〜。
こはるさん、大変だったんだなあ・・・。
サイトのおさしんでしか知らないけど、復活して良かった。
ビオさんも持ち直してくれて、何て親孝行な子達^^

自分ちの子でなくても、心配してしまいますよね。
飼い主さんの気持ちを考えると、ドキドキしてしまいます。
みんな、長生きしてくれますように!!

2013/12/08 (Sun) 22:54

ぱんとら

コメントありがとう^^

iomocaさん
亀レスごめん。気持が萎えること・・・ この年になるとほんとによくあるのです、
悟っていたつもりだけれど、そう簡単にはいかない。。
え?iomocaさんは二十歳だったっけ? ごめんねー一緒にしてー (棒読み)


やらいちょうさん
そうそう、猫は諦めない・・・なんて考えてないんですよね、
ただただ生きている。生きるために生きている。人間も猫アタマになったら楽だろうけど、
猫にならない限り、猫アタマで人間生活は送れないでしょーね。( ̄∀ ̄||)

ぱんとら

コメントありがとう^^

wadaさん
こはるちゃん、やっぱり怪獣に似てるよ。で、美猫さんですよね。
まぁ、あきらめちゃいかんとは書いたけれど、あきらめない=突き進むというわけではなく、
どんな形に落ち着くとしてもその状況の中で常に希望をもって・・・ってことなんかな。
鬼院長は、いい医者だと思う。性格に難があるから、そこをわかった上で対応できるのなら
言うことないんだろうな。私はなんでもOKって言えるほど信者じゃないけれど。
ピオの病院通い、週一になったようです。嬉しい限り。^^


再びおむおむさん
あら、おむおむさんも触ったことないのですね、ロシアンブルー。
毛色は、金四郎はチャコールグレーって感じ。似てるなんて言ったらロシの飼い主に怒られるわ。
金四郎は、ナンチャッテにしてもペルシャなんで、毛はホワホワです。
ガテンな短毛でも、ほわほわ。( ´▽`)
あ、メール拝見しました。ありがとうね。

ぱんとら

コメントありがとう^^

とろろ姉さん
亀レスすんまそん。そうですね、こはるちゃんやピオくんのようなこともあるから、
簡単に諦めないで・・・ってことだけど、やみくもに諦めないってのも、
誰のためになるのかという場合もあるので、考えどころではあります。^^;
ケンカ太郎は、本名は太郎でして、とにかく武勇伝に事欠かない猫です。
そういやオリラジって漫才やってんのかね、今。<どーでもええことやけど.....


まかないさん
実は、ほかにもまだ命にかかわること、ありました・・ そういう年やねんね、たぶん。
↑コメレスでも書いたけれど、あきらめないってことは、やみくもに進むってことでは決してないよね。
そこんとこはき違えること、けっこうある気がする。まぁ、本人が納得していれば全てOKだとは思うけど。
太郎、顔に傷が多いんよ。顔正面に傷が多い猫は、逃げることがなく向かう猫でケンカが強いと言われてる。
で、頭がよい猫です。隣の家の中を通路にして(そこの住人利用して)外に出たりしてたから。^^;
おとなしそうにしていても、突然不愉快なことがあるとガブっとくるからコワイのです。
あの時、カリがそばにきていたのかなぁ・・・

雨音

わぁ・・・。なんか勇気付けられる記事!
2ニャンとも長生きしてくれそうですね~^^
うちの姫もこれくらいの生命力がある事を信じて!
ハタチ目指します^^!
金ちゃん、短毛さんくらいにはなったのかちらん?
それでもまだまだ楽しめそう。うふ

2013/12/10 (Tue) 17:28

ぱんとら

コメントありがとう^^

Kotoraさん
亀レスごめんなさい。(汗)がんもどき、鬼院長に真顔で言われたときには、
この人ちょっとイッてるんちゃう?とマジで思いましたよ。( ̄∀ ̄||)
金四郎はほんとにしつこい。ロックンもビブを慕ってるんですけど、思い伝わらず、です。^^;


足袋ネコさん
亀レス、ごめんちゃい。(汗) おっしゃる通りですわ、苦しむ可愛い子を見守るパワー・・・
今になると思うんよ、渦中にいる時はパワーあるなし考えるヒマもない感じやねんけど、
想い出として思い出す時....というか、思い出すのこと自体辛い、その頃のことは。
ほんと、元気でいてくれることに感謝です。捕獲困難な金四郎は特に。(^艸^)

ぱんとら

コメントありがとう^^

ANKOさん
亀レスごめんなさい。^^; そうそう、本猫ががんばる限り、飼い主はあきらめちゃいかんです。
ネコってあきらめるって観念もなければ、がんばるって意識もないですよね、たぶん。
与えられた生を受け入れて今を生きている。本能のまま生きるってそういうことなのかってことも
教えられます。


うきさん
ほんと、親孝行な子たち・・・ってことよね。
そうそう、飼い主さんの気持ちを考えると・・・というより、もう直接自分の気持ちに
降りかかってくるんで、当時を思い出して辛いです。まだまだ癒えないわ。
長生きしなくちゃ、飼い猫も飼い主も。


雨音さん
姫ちゃん大丈夫! 結局悪性じゃなかったんですもの。
金四郎、確かに短毛さんくらいには伸びたかも。なんかボサボサしてきてます。(^艸^)
毛玉防止に、こまめにブラッシングしないとなー。