気まぐれ猫魂。

悲しみのしみ

2020/06/06
ロック王子 12
190606_televiRock.jpg

年前の今日、2015年6月6日は、
我が家の永遠の王子、ロックンが、猫神様から急遽天に呼び戻された日です。
ロックンってば、どうやら猫神様から遣わされた天使猫だったようで、
こちらのホシでの任務完了ってことで猫星に戻されたみたいなんですね。(⁎˃ᴗ˂⁎)

管理人、虹の橋やら猫星に旅立った日を命日ってなことで
特別な日として捉えてきてないので、
そんな日をこれまで敢えてスルーしてきたところあるんですけど、(^ω^;)
今年はちょっと書いておきたいな、ってことがありまして。

ブログでご縁のできたminaさんから教えていただいた、
小山薫堂氏による「詩」をご紹介しようかと。

favicon_bluesingi32x32.png
最近、ときどきコメントを寄せてくださっている minaさんは、
今年の3月1日に16歳の愛猫さんを消化型の悪性リンパ腫で亡くされました。
うちのブログには、愛猫さんの病気への不安や対策のための情報収集で検索されて
カリやロックンのがん闘病記事がひかかってこられるようになり、
管理人自身はもう読み返すことのない闘病記事に有り難いことに共感してくださって、
あんな拙記事でも役立つことがあったんだと少し救われる気持ちにもなり (^ω^;)、
愛猫さんを亡くされた前後のなかなか言葉にはできない率直な感情などメールでやりとりしている
そんな中で、minaさんがふと思い出され、教えてくださった詩なんですけれど。

200606_Wza.jpg

WOWOWのの映画紹介放送番組に 『W座からの招待状』というのがあって、
そこで、ナビゲーターのひとりである小山薫堂氏が紹介作品に合わせて簡単な文章を、
もうひとりのナビゲーター初代はいまは亡き安西水丸さん、
現在は三代目となる信濃八太郎氏がイラストレーションを添えて、
彼らの視点からのざっくばらんでゆるめの映画紹介をしてくれるんです。

そこでちょっと昔なのかな、『ものすごくうるさくて、ありえないほどちかい』という映画の紹介で、
小山薫堂氏がかいたという文章がそれなんですが、
私、WOWOWにはスタート当時から加入している奇特なヒトなんだけど(笑)、
あいにくこの映画はみてなくて、従って、小山薫堂氏のこの文章も知らず。
また、WOWOWの公式ブログには 『W座からの招待状』の文章とイラストは残してないようで、
複数の一般の方のブログに載っていたのを転載することにします。



悲しみのしみ    小山薫堂


一度 心についてしまった 悲しみのしみは

そう簡単には 落とせません。

新しい経験という”洗剤”で どんなに洗っても無駄です。

楽しさを 上から塗り重ねたところで 根本的な解決にはなりません。

時間が経てば しみは やや薄くなりますが 心の影は消えません。

残念ながら 悲しみのしみ抜きは 存在しないのです。


でも、こう考えたらどうでしょう?

悲しみのしみは、しみではなく その人ならではの人生の模様。

そして、痛みから生み落とされた 優しさの種。




favicon_bluesingi32x32.png
3年前に海月さんからいただいたアジサイ。何もしてないのに今年も咲いてくれてます。(⁎˃ᴗ˂⁎)

200605_ajisai.jpg

アジサイの花言葉に、「無常」ってのがあるんですよね。
生滅変化してうつりかわり、しばらくも同じ状態に留まらないこと。を言うようですが、
5年目の6月6日の今日、「無常」が先かアジサイの花が先かだったか.........
ともかく、それらがふと頭を過ぎったのでした。


明けない夜はない。
コロナ渦も、いつか終息するには違いないですが、
早く治まってほしいなぁ。



himeojigi.gif よろしければ、↓ぽちっとニャ〜 ฅ(ΦωΦ)ฅ
 
 =^. .^= おおきに〜〜♡♥

Comments 12

There are no comments yet.

ピオの父ちゃん

ロックンは猫神様から天国へ召還されたんだね。わたしは・・・、ええと・・・、羅生門から地獄行きかぁ~。ずっと地獄のおトイレ掃除かもv-71v-72

2020/06/06 (Sat) 09:01

ほんなあほな。

時間を味方に、
シミが模様にとらえることが出来るようになっていくのかもしれませんね。

ロックん天使羽のアイコン、
イイ感じに、ページを開いた見出し、栞の様に、
画面上に現れます^^v

2020/06/06 (Sat) 09:18

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/06 (Sat) 15:06

茶々にゃん

ロックン・・・
可愛かった・・・
今も可愛い~♥

私も二つのシミが残ってる。
いつか模様になるのかな。
模様になって、優しくなれたらいいな。

ロックンの桜もあじさいも、
うちのオリーヴも毎年咲いてくれてるね。
それだけでまた逢える気がする。

2020/06/06 (Sat) 21:13

ししゅうねこ

悲しみのしみか~「悲しみ」の中にも「しみ」が入ってるしね~←違!
シミが増えるお年頃だから悲しみからもシミが来ちゃうとこれ以上は・・・って思っちゃうw
でも確かにどうやっても消えないなら一部にしちゃおうって気持ちはよく分かるわ
悲しみがシミになるにも時間がかかるけどね~~~

2020/06/06 (Sat) 21:14

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/06 (Sat) 21:33
ぱんとら

管理人ぱんとら

コメントありがとー♡

ピオくんの父ちゃん
地獄行きねぇ。゚(゚^∀^゚)゚ってんで地獄絵を想像していたら、こんな画像が・・・
https://blog-imgs-142.fc2.com/k/a/r/kariviverock/jigokue.jpg
父ちゃん、地獄でも十分やっていけそうですね。今も似たような環境じゃないですか?(^∀^;)


ほんなあほな。さん
時間を「味方に」.... うまいですねぇ。(*´v`)

天使羽のアイコン、褒めてくださってありがとう♡ 栞のように...ってこれまたうまいし、嬉しいわ。
これのこと、ファビコンっていうんですって。alpenkatzeさんがオリジナルのをつけているのをみて、
うちもやりたいなぁと思い、テンプレ変更トライの勢いでやってみたんだけれど。
今や無料の材料ややりかた指導などネットに溢れていて、簡単にできましたわ。(⁎˃ᴗ˂⁎)


鍵コメさん
初めまして。わざわざありがとうございます。(^^)
闘病記事は吐き出しっぱなしって感じだったし、ちょっとテンションが異常でもあったし、
あとになってなんであんなの書いて残したのか....と後悔もしたんですが、
役に立ったと言っていただいて、救われます。
しかも、こうやって、コメントにしてくださって、本当にこちらこそ感謝です。(*´v`)


茶々にゃんさん
いつもありがとね♡

2つのしみ、いつか模様になるんですかね.....
なったとしても、あくまでもしみの模様なんじゃないかな....と思うワタシです。( ˘ω˘ ; )
無理に忘れたり、言い換えたりする必要はない、と正直思います。
私は、素直に悲しいものは悲しい、後悔は後悔で抱えて生きたいと思ってる。
いつかは会えることを楽しみに、今を生きましょう。(*´v`)

2020/06/07 (Sun) 17:35
ぱんとら

管理人ぱんとら

コメントありがとー♡

ししゅうねこさん
あははは、実は私も、悲しみのしみ(染み)が沁みる....なんちゃって(⁎˃ᴗ˂⁎)と書こうかと思ったんですが、
自粛いたしました。(笑)
そうですよね、どうやったって消えないものだし、悲しみがシミだと思えるのにも時間かかるし、
確かに心の影は消えないし、つーか、消そうと思うのが間違いだと思ってます。
小山薫堂氏のことは、糸井重里よりはアレルギー少ないけれど....ってヒトです、私にとって。( ˆ꒳ˆ; )


鍵コメさん
いいことおっしゃいますねぇ。(*´v`) 鍵コメだからオープンにできないのが残念。
ほんと悲しみは消えないものですよ。忘れたり消そうとするのがまちがってるし、
何かに置き換えるものでもないですもんね。
ポジティブに受け入れるってことですよね。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

2020/06/07 (Sun) 18:21

足袋ネコ

私も とら助が虹の橋を渡っていってから
薄い、薄いページがかさなっていっております。。
1ページ、1ページめくることも
いっぺんにその時のページをめくる事も出来ます。
悲しくても辛くても捨てられない本「とら助」の本
何かがあって またその本のページをめくるとき
自分を助けてくれるって思ってます。

2020/06/08 (Mon) 09:52

足袋ネコ

↑ なぁ〜んか 恥ずかしい事書いちゃった すんまそん!

2020/06/08 (Mon) 10:20

mina

何時ものようにブログ開いたら
私の名前があって驚いて
で、読みだしたら自然と涙があふれてしまいました。
おかしいですよね?もう普通に日々の生活送って
可笑しいことに笑いころげて、
腹立つことに怒ったりしているのに
これが心の奥く深くにあるシミなのかなと思ったりします。
動物たちって
自分の感情とか思っていることを言葉に発することが出来ない分
短い生涯の生きた証として
飼い主さんに自分たちのこと忘れないでねって
最後に強烈な印象残して去っていくのだとしたら
自分は、起こったことすべてを
ありのままに受け止める事かなぁと思ったりもします。

でもね半面、楽ちんの顔みていると(私楽ちんのファンなんで)
”僕らそんなん考えてへんで、考えているのはご飯のことだけや!”
なぁーんて言っているようで、
それはそれで
“うん!そうだね君はそのままでいいんだよって”って思う自分もいます(笑)
ぱんとらさん、ありがとう。

2020/06/08 (Mon) 11:14
ぱんとら

管理人ぱんとら

コメントありがとー♡

足袋ネコさん
全然恥ずかしいなんてことないです、薄い薄いページが重なるって表現..... よくわかるもの。
悲しくても辛くても、捨てることは当然できないし、捨てる必要もないし。
なんら無理することなく、あるがまま受け入れるってことですよね。
でも、それが実は難しかったり・・・
私はまだ、虹の橋に行ってしまった前後のことを、自然に思い出すことはできないですわ( ˆ꒳ˆ; )


minaさん
私なんて、未だにこの記事書いてて泣きました。(´・ᴗ・`;)
しょうがないよね、それが偽りのない感情だから。
起こったことをありのまま受け入れる.....それしかないですし、そうしかできないですよね。
楽ちは、我が家の猫の中では並外れた甘えん坊なので、
誰もが向かえる別れの時のコトを考えると..... 考えるのをやめます。( ˘ω˘ ; )
なんにしても世の中、無常なんですから、先のことや過去のことより、
今を悔いなく生きたいですね。(´∀`)

2020/06/08 (Mon) 17:27