気まぐれ猫魂。

#数値規制 のこと

2020/07/15
お知らせ 12
に、メールアクションを起こされた方も多いから.... とも思いますが、
今朝、熱い某女から一方的なLINEが来て(^∀^;)
今回の環境省による、
動物愛護管理法に基づき定められている動物取扱業に係る飼養及び管理に関する方法等(長い!)の
検討の中の「数値規制」について、
猫ブログ系でとりあげてるところが少ない!とのご不満が寄せられまして( ̄▽ ̄;)、
確かに、私がよく見に行く猫ブログでは今のところまだみてないかもしれないなぁと。

200715_makoandkuro_instagram.jpg
@makoandkuro Instagram 数値規制のことをわかりやすくイラストで描いてくれています

私は、Twitterで、#数値規制 #数値規制メールアクション が流れてきたので
既にメールアクションは行ったのですが、
もし、ご存知のない方がいらっしゃったらと思い、取り急ぎ、ここでも案内しておきます。

ずは、動物愛護法の数値規制改正問題ってどういうことかというと。

従来の動物愛護法では、ペットショップやペット用の犬猫の繁殖業者に対して、
施設の設備、飼育数、飼育ケージのサイズなどについて明確な基準がなく、
その結果、劣悪な飼育が横行していたため、そうした状況を改善するため、
動物愛護法を改正して繁殖業者やペットショップに対して
「数値規制」をかけることにする、というもので、
良いことじゃん!ってな改正なんだけれど、

その数値規制の中でペット業界団体から出された試案が、
マジかよ!というありえないものだったから、
有名人はじめみんな動いたわけです、
このままだと繁殖犬と繁殖猫(このコトバも耐えられないけれど)が
今後10年間劣悪な環境で、ではなく、
商品生産のマシンとして繁殖をさせられ続けると。(´༎ຶ۝༎ຶ)

でも、特に注目を集めていたのが、
繁殖犬、繁殖猫のケージのサイズ数値が、
自由に歩き回ることもできないようなありえない数値だったということ。

ケージの高さ:体高×1.3 幅:体高×1.1

ネットではこの数値にあてはまる実際にわんこを入れたケージサイズ写真も上がってたけど、

200715_size.jpg

数字みただけでも想像できますよね。歩き回るどころか動けるのか?ってほどのサイズ。

だ、この数値に関しては、さすがに、7月10日の検討会で却下されたそうです。
検討会の結果をわかりやすくまとめてくれているのが、こちら。こちらもインスタです。

7月10日の検討会に環境省小泉大臣は出席してなかったようだけど、
彼自身、飼い犬に救われてきたらしいし、
なにより愛妻が愛犬家で犬猫の保護活動支援もしてるんだから、
ありえない結果を導出するとは思えないけど・・・
まぁなぁ、政治の世界は何が起きてもおかしくないか。

そんな中、コロナで再放送中の朝ドラ『エール』のヒロインでもある二階堂ふみさんが、
インスタで発信していて、なかなかです。

200715_nikaidofumi_zoi.jpg
@fumi_nikaido Instagram ←↑クリックで彼女のインスタに飛びます

彼女が猫好きというのは知ってたんだけど(キジトラと黒猫だったかな)、
犬も飼ってて、なんと元繁殖犬らしい。
そんな不遇だった子を引き取って育ててるから、
当然今回のこの動きに積極的なのわかるし、感心します。

ことで、夏(8月?)に向けて、検討案の基準案をとりまとめていくらしいので、

200715_suke.jpg
第6回 動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会 pdf から抜粋

そこに向けて、#数値規制メールアクションを引き続き行っていきましょうと。
上でもリンクした、検討会の結果をわかりやすくまとめてくれているこちらで検討会結果を確認しつつ、

これクリックすると、簡単にメールアクション行えます。
e-mailer.link/100116950970 (←修正しました:20200716.08:51)
クリックした次に出て来る 「メール作成」をクリックすると、
メーラーが立ち上がって、自分で意見を書かなくても、
基本的に検討してもらいたい意見が自動作成され、送れる仕組みですよ。(^ω^;)


ちょっと中途半端だけど、今日のところはまずは更新。


200715_luck.jpg
楽ち 「こんな狭いスペースで半生を酷使されるなんて、明らかに猫権侵害や 」

(´-ω-`)


himeojigi.gif よろしければ、ぽちぽちっとお願いしますニャ〜 ฅ(ΦωΦ)ฅ
  

Comments 12

There are no comments yet.

ピオの父ちゃん

楽ち、よく聞け! わたくしの自由になる空間(書斎)わ!!! リビングの隅の、低い棚の上の、60cm×45cmのスペースだけです。本棚? そんなものないですよ。標本棚? そんなものないですよ。畑? ああ・・・、早く雑草を取らなくちゃ・・・v-395

2020/07/16 (Thu) 05:38

ほんなあほな。

自分から好きでミチミチな箱や隙間に収まるのとは、
訳が違うからな。
うん、じっくり見るわ。

2020/07/16 (Thu) 09:33

海月

いろいろ調べて解説してくれてありがとう。
遅ればせながらメールしました。
思案を出した業界団体って、ペットフードも販売してる大手じゃなかったっけ。
利権の匂いが(;´д`)
こないだブログで農薬の話題を出したら、一見さんの擁護派無名コメントがいくつも降ってわいたわ。
しょっちゅう検索してみつけるのかなあ。
こわいわー。

2020/07/16 (Thu) 11:00

のん福レオのお母さん

メールリアクションをしようとリンク先へ向かいましたが
メール作成ができなくて・・・涙
標準のプラウザって何のこと??(涙)
旦那のスマホから頑張ってみますね!!
熱い某女っておねえちゃんのことかな~?!
とにかく、できるリアクションですね!!

2020/07/16 (Thu) 13:17

ししゅうねこ

私もメールが開かないのであとでスマホでやってみます
インスタでチラッと見たけど、出産マシーン的な数字でクラクラした・・・
もう生体を売るのは止めにしてくれないかしらねー
とはいっても、ペットショップで買わない限り一人暮らしのヒトには
保護猫は譲渡してもらえないって泣いてた友人もいるのでねー・・・
とりあえずメールじゃメール!

2020/07/16 (Thu) 20:57

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/07/16 (Thu) 21:44

alpenkatze

メールリアクション、PC環境のせいか文字化けしちゃいました(汗)。
狭いケージの中で飼育されて売られること自体がなくなるという日はいつか来るのか…、
そんなことを考えてしまいました。
こっちのティアハイムの子たちは、人も入れる小さな”部屋”での生活なんで、
うーん、比べたらきりないですが…(-_-;)

2020/07/17 (Fri) 04:06
ぱんとら

管理人ぱんとら

コメントありがとー♡

ピオくんの父ちゃん
おお、隅にしてもリビングにあるだけでも良かったニャ。トイレが自由空間かと思ってたニャ。
畑で雑草とりながら駆け回ると良いニャ。 by金四郎


ほんなあほな。さん
動物取扱業のやってる飼育管理は劣悪だということはわかっていたけれど、
今回この件で具体例が出てくると、わかってるだけに正直目を背けたくなる。
ペットショップで動物を購入してるヒトは、この現実を知らないんだろうなぁ、
知ったら動物に少しでも愛があれば、買うという行為はできないよ。


海月さん
そう、試案を出した業界団体って、犬猫適正飼養推進協議会と一般社団法人ペットフード協会で
その両方の会長を同一人物が兼務している。検討会の席で、繁殖動物の環境を今より良くしたら、
ペットの値段が高くなってしまうという、明らかに動物を「品物」としか見てないのがわかる発言をしてたらしいわ。
まぁ、店頭展示販売がなされてる限り、ペットは経済動物ってことだろうから、当然の発想なんだろなぁ。

え?農薬の話って、例のモ○サント関係の? あの程度で擁護派無名コメントがきたの?
すごいなぁ。海月さんのブログは人気ブログだからチェックしてるヒト多いってのもあるだろうけど。
モン○ント関係のことを日本のメディアは大きく触れないってのも、恐ろしい話よね、
マスコミは信じられないってことでもあるけれど。

2020/07/17 (Fri) 10:00
ぱんとら

管理人ぱんとら

コメントありがとー♡

のん福レオのお母さん
ごめんなさい、どうなってるのか、私が作成しているのではないのでなんとも・・・
ご自身で調べていただけたらと思います。一応、次の記事にツイッターでリンクされてるところをリンクしたので、ご参考になれば。
熱い某女、おねえさんのことではありません。(´・ᴗ・`;)
きっと彼女も知ってて動いてるとは思うけど。


ししゅうねこさん
メールが開かない...なんでだろう?? 私が作成したわけじゃないのでわかんないわ。
そうそう、出産マシーン的な数字(;´Д`) 調べてるとリアルな現状写真など出てきたりして、
現実をみるのは大切だけど、もうこの年になるとどういうことかわかってるか、ちょっと勘弁....と思ってしまいます。
てかそれがほんとの現実で、平気でそういう飼育が行われてるということだからこそ、なんとかしなければですが。
確かに保護猫はある年齢以上になると譲渡してもらえなくて、私も憤った経験あるんですが(笑)
実際自分が保護して里子に出す状況になってみると、先のことまで考えると条件厳しくなること理解できるようになりましたわ。(^ω^;)
そう!メールの次は、ハガキも!(๑¯∇¯๑)


鍵コメさん
そうそう、拷問と同じ、ですよ。
どの家庭にも、いろいろありますよねぇ。
家族ではあるけれど、その前に「個」としての人格あるし。
おいくつぐらいなのかしら。残念だけれど、年と共に・・・ということもあるかも。(´・ω・`)


alpenkatzeさん
あらら、文字化けですか。(・Д・`) 私が作成したものじゃないので、
元気がどこにあるのかわかんないです。次でもう一度セットしてみたけれど、それもダメっていうヒトいるようで、
正直、私にはお手上げです。(;´Д`)
ティアハイムを参考に....と言いつつ、コレですし、
業界団体が改善策といいながらの試案がアレなのも、
業界団体そのものが、ペットを「モノ」的にしか見てないってことですかねぇ。
検討会での発言読むと目眩がします。ドイツと違って、コンパニオンアニマルという発想自体、
文化的倫理的に日本になかったからかもしれませんねぇ。

2020/07/17 (Fri) 16:24

REI

幾つかのブログでメールアクションの内容が判りました。
御呈示のサイト(メール)と恐らく同じ内容と思います。
また環境省の動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会の資料もざっとですが見てみました。
委員名簿を見る限りでは業界の人がいるのか判りませんが、確か大手のペットショップの経営者は医者としても有名とどこかで見た事があるので、委員の中にいるのでしょうか。
資料を見る限りでは各国の資料を集め比較しており、飼育の数値も各国数値規制を参考にしている様です。
ただ猫の飼育数25匹は英国の例に見習っている様で、その中でも一番緩い所を狙っているのかも。
それでも業界の希望を却下できたのは、やはりそれなりの検討をしているからかもしれません。
次回の予定日が無くてこの夏で結論を出すという事は、6回で一応終わりなのかな。
今の所、検討会で検討されている各国の基準を元にして数値が出るなら妥当な気もします。
犬は判らないけど、猫は私が保護してケージに入れている時より検討会の資料の方が広いみたい。(苦笑)
ただ販売業者のケージは全く検討会の規格以下なのでどうするのだろう。
それと保護活動をしている人で、自分の目で確認した訳ではないですが、話しでは50匹以上を一部屋で保護していて夫々ケージに入れているという事だったので、重ねた狭いケージに入れていると思われる事がありました。 保護活動家にも勿論適応される訳だけど、そうなるとどうなるのか。
と思いました。
すごーく個人的な考えなんだけど、ブリーダーって必要なんだろうか?
植物の生産者には嫌悪感無いけど、ブリーダーって販売者より理解できない。




2020/07/17 (Fri) 22:55
ぱんとら

管理人ぱんとら

コメントありがとー♡

REIさん
さすが、よく調べられたんですね。(^艸^)
試案を出した業界団体って、犬猫適正飼養推進協議会と一般社団法人ペットフード協会で、双方の会長を兼務している石山恒ってのは委員だと思う。医者なの?
外資系ペットフードのマースジャパンの副社長でもあって、
どこかで読んだ関連記事ではその石山恒、ペットフードの販売量を増やすには犬の数を増やす=ブリーダーの数も増やすみたいな短絡的発想の持ち主で、犬猫を「商品」としか見ていない人物だとか。
だから、繁殖の数値規制改正への試案も、まったく命としての考慮をしていないケージサイズだったり、繁殖回数、年齢上限だったり・・・
ドイツ、フランス、イギリスの例を参考にして分離型導入とかいってるけれど、そこに落とし穴があると問題視してる人たちも多数いるみたいね、運用時には狭いスペースの方だけで対処しかねないと。
1日3時間以上は運動スペースで自由に運動.....って言ってるけど、それを守ってるかどうかのチェックがほんとにできるのか?とか。
あと、今回の数値規制が改正されることで、廃業せざるをえない業者が多数でる可能性もあって、そうなるとそこにいた犬猫たちがどうなるのか、という問題も発生すると。そこを込みで検討すべきと。

ブリーダーって必要なんだろうかという意見、難しいテーマですよね。
ブリーディングは犬猫たちが人間と共生するコンパニオンアニマルであるなら、必要ではあるでしょう。
やはり質の問題だよね。犬猫適正飼養推進協議会の会長が、ペットフードの販売量増やすには、ブリーダーが多数必要ってのたもうてる時点で、犬猫適正飼養推進協議会そのものが、犬猫適正飼養を協議する組織として不適切なんじゃないの?と思えるよねぇ。(´-ω-`)

2020/07/18 (Sat) 01:39

REI

検討会の構成員はこちら
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/tekisei.html
毎回の議事概要に出席者名簿があり、そこには石垣という名前はないので、
参考人とかで意見を述べたのか(名簿に載らない?)、誰かが代読したのかは不明。
業界側からも当然加わる権利はあると思うから、名簿の中の誰かがそうなのかもしれないし、
名簿にない人も意見陳述しているのかは不明。
けっこうまともな意見もあると私は思うけど、実施時にどうなるかでしょうね。
こういう検討会の存在と内容が広まるのはSNSの大きな利点だと思います。

優良なブリーダーであっても(飼育環境が)、生態的に無理な変形を行い、それを固定させてしまい販売目的で飼育している点で私には受け入れがたいです。 歴史的に価値のある品種の保存と品種改良は、牧畜業においては理解できるんだけど、愛玩動物で可愛いとか買い易いとか人気とか、そういう観点での飼育改良を行っている時点で無理です。 ただ愛玩動物を全て完全室内飼いにし避妊手術したら、終いにはいなくなってしまう訳で、生殖を全て人間が管理するのもするべきではないだろうし・・・。
規制の管理に関してはKitcatさんがブログで以前から踏み込んでいますね。
今ですら形骸化している様だから、実施においては一緒に検討されるべきかもしれません。
廃業問題は猶予期間で何とかするしかないかねえ。恐ろしい事にならなければ良いけど。
人間も「愛玩動物」もバランスを崩す程に増えたらいかんのよね。


2020/07/18 (Sat) 10:26